先生

技術が進化している実態

頬を触る人

体の負担が少しずつ減少

以前の小顔矯正は、えら骨削りを実施する事がほとんどでえら骨を削っていく事で、小顔を手に入れるという方法が主流でした。しかしこの方法は、骨を削るという事なので体に大きな負担が発生してしまい、状況によっては尋常ではない痛みが発生します。その他にも租借などに大きな影響を及ぼしてしまって、副作用に悩まされる方も残念ながら少なくありませんでした。しかし小顔矯正の技術は日々進化しており、その中でも整形で小顔を目指す方法としてえら筋肉縮小注射が主流になっています。この方法はえらに存在している筋肉を縮小する事で、小顔を目指す方法になっており、わざわざ骨を削るという事はありません。えらの筋肉を縮小する事で、小顔を手に入れる事ができる方法なので、体の負担が非常に少ないのが大きな特徴です。副作用に関してもえら骨削りと比べてもリスクが非常に少ないので、近年は大きな顔で悩んでいる方の多くがこの施術を受けています。たくさんのメリットが生み出されている方法で、ただ注射する方法なので忙しい方でもあっという間に施術を受ける事が可能です。その日の内に施術を受けられるケースも多いので、時間が限られている方も簡単に受けられる小顔矯正になります。その他にも小顔を目指せるだけではなく、歯ぎしりなどの問題も改善できる特徴を持っているのがえら筋肉縮小注射です。快適な睡眠を実現して、周りの方に発生する迷惑も最小限に抑えられる為、精神的な問題も改善できるのが大きな魅力です。多くのクリニックがえら筋肉縮小注射を行っている為、価格競争も激化しており、誕生した当初と比較しても少ない費用で抑えられるのも魅力です。たくさんのお金を持っていなくても気軽に受ける事ができる小顔矯正の一つで、一度注射する事で4ヶ月ほどの持続効果を期待する事ができます。メリットが非常に多い反面、少なからずデメリットも生み出されており、気を付けないといけない部分になります。それは医師の技量によって、えら筋肉縮小注射の効果が左右されやすく、優秀な医師ほど大きな効果を得やすいのが特徴です。実績があまりなく、技量が低い医師に注射を任せてしまうと万が一の事態が発生してしまう恐れも出てくるので注意ポイントです。最低でも実績やどのくらいの技量を備えているのか判断した上で、医師にえら筋肉縮小注射を依頼するのが重要です。デメリットはほとんどなく、医師の技量にさえ注意する事ができれば、念願の小顔を手に入れる事ができる効果的な方法になります。